トップへ > シティ ゴールドカードユーザーの声 > シティ ゴールドカードの審査、サービスはいかに?ユーザーのリアル口コミ!!

シティ ゴールドカードの審査、サービスはいかに?ユーザーのリアル口コミ!!

シティ ゴールドカードは、発行枚数・利用可能店舗数ともに世界有数の規模を誇ります。このカード一番の特徴は、全てにおいて目立った弱点がない、バランスの良さ。

入会基準は原則25才以上で年収400万円以上とされており、他のゴールドカードの入会基準と比較するとやや低めに設定されています。

シティ ゴールドカードの審査に対する口コミとしては、

・ 年収390万で審査に通らなかった
・ 国内の銀行系ゴールドカードの審査は通らなかったが、 シティ ゴールドカードは通った
・ 日本の平均年収程で取得できるため厳しいとは感じない

など、様々な声が聞かれます。

なお、利用可能額は80万円〜125万円とされています。

では、具体的にどのようなサービスが受けられるのでしょうか。

ここからは、口コミで人気の高い4つのサービスをご紹介します。

充実した保険

シティ ゴールドカードには、国内・海外共に最高1億円の旅行傷害保険が付帯しています。これは、航空券・旅行代金や公共の乗り物の代金をこのカードで決済した場合に適用される保険です。

また、バイヤーズプロテクションというショッピング保険も付帯しており、このカードを使って買った商品の破損・盗難・損害は最高500万円まで補償されます。

カード名 年会費 海外旅行保険 国内旅行保険 買い物補償
JCBゴールドカード 10,500円 最高1億円 最高5,000万円 年間最高100万円
三井住友VISAゴールドカード 10,500円 最高5,000万円 最高5,000万円 年間最高300万円
MUFGカード ゴールドプレステージ 10,500円 最高5,000万円 最高5,000万円 年間最高300万円
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 10,500円 最高5,000万円 最高5,000万円 年間最高200万円
楽天プレミアムカード 10,500円 最高5,000万円 最高5,000万円 年間最高300万円
セゾンカード ゴールド 10,500円 最高3,000万円 最高3,000万円 年間最高300万円
シティ ゴールドカード 12,600円 最高1億円 最高1億円 年間最高500万円
アメリカン・エキスプレス・カード 12,600円 最高5,000万円 最高5,000万円 年間最高500万円
ANA JCBワイドゴールドカード 14,700円 最高1億円 最高5,000万円 年間最高100万円

年会費が同じアメリカン・エキスプレス・カードと比較すると、旅行傷害保険は最高2倍の補償額です。また、年会費10,000円から15,000円までの主なカードと比較してみても、シティ ゴールドカードの保険が充実していることが分かります。

空港ラウンジサービス

全国の主要27空港と、海外2空港(ソウル・ホノルル)の空港ラウンジが無料で利用できます。飛行機を待つ間静かにくつろげるこのサービスは、ゴールドカードならではのサービスとしてとても人気がありますが、ゴールドカードの種類によっては利用できる空港の数や受けられるサービスに制限がありますので、入会時にしっかりチェックしておきたいポイントですね。

ダイニングキャッシュバック

これは、カードを事前登録しておくだけで、全国約600のレストランで食事代の最大20%がキャッシュバックされるという無料のサービスです。仕事での接待や、デートで食事する際に割引クーポンを提示するのは抵抗がありますよね。このダイニングキャッシュバックは、お店でサービスの利用を申し出る必要もありません。

事前登録したカードで食事代を決済するだけでサービスが適用されるのです。これなら、大切な方とのお食事の際にも、とてもスマートにお得なサービスを受けることができますね。

ちなみに、アメリカン・エキスプレス・カードにも、有料ですが同様のサービスが用意されています(「ダイニング・ア・ラ・カード」年会費5,250円・初年度は無料)。

トラベラーズチェック発行手数料無料

シティバンク各支店でトラベラーズチェックを購入する場合、シティ ゴールドカードを提示するだけで、発行手数料(購入金額の1%)が無料になります。

対象となるのは米ドル・英ポンド・オーストラリアドル・ユーロの4種類、年間の利用限度額は30万円(家族会員がいる場合は合計で50万円)と制限はありますが、海外旅行に行く機会が多い方には嬉しいサービスです。

シティリワードプログラム

シティ ゴールドカードで取得したポイントには有効期限がありません。

うっかりポイントの有効期限が切れてしまった!ということがないのは嬉しいですね。たまったポイントは様々な賞品はもちろん、次年度の年会費に充当することや、キャッシュバックを受けることも可能です。

ちなみに、ポイント還元率は約0.4%。ボーナスポイントやキャッシュバックのキャンペーンも定期的に行われており、うまく使えばポイント還元率はもう少し高くなるかもしれません。

しかし、SBIゴールドカード(年会費5,250円)や楽天プレミアムカード(年会費10,500円)のように、ポイント還元率が1%を超え、かつ年会費が安いゴールドカードもありますので、ポイントやマイルをためることを主な目的にする場合、シティ ゴールドカードはあまりお得とは言えないかもしれませんね。

口コミから見る、シティ ゴールドカードのメリット

シティ ゴールドカードを使っている人から良く聞かれる声として、

・ 充実したサービスに対して年会費が割安
・ 日本よりも海外でステイタスを実感できる

などが挙げられます。

例えば、「海外のホテルで、シティ ゴールドカードを提示するだけで部屋をアップグレードしてもらえた」「空港で列に並ばずに優先搭乗できた」など。

また、「他社のカードと比べ、海外でクレジットカード決済した際の為替レートが良かった」という声もあります。

口コミから見る、シティ ゴールドカードのデメリット

シティ ゴールドカードを持っていたが解約した、という人から聞かれる声としては、

・ 入会基準が甘い。簡単に取得できるため、ゴールドカードとしての魅力を感じない
・ 保険は充実しているが、それ以外にメリットを感じない
・ Webサイトが使い辛い
・ 携帯電話から問い合わせデスクのフリーダイヤルにアクセスできず、通話料がかかる
・ 海外に行かないとメリットを感じられない

などが挙げられます。

総合的にバランスが良く、使い勝手の良いカードではありますが、海外で使ってこそ威力を発揮する・・ということでしょうか。国内だけで使う場合、大きなメリットは感じにくいようです。何のためにゴールドカードを持つのか、どこで使うことが多いのか・・などを、よく考えて選ぶことが大切ですね。

シティ ゴールドカードの今だけキャンペーン情報・お申込はこちら
シティ ゴールドカードのさらに詳しい口コミ・情報はこちら