トップへ > ヤングゴールドカード比較 R25世代にホントに選ばれているゴルカとは? > nicosプレミオカード サービスは決してゴールドに劣らす!!メリットと特徴

nicosプレミオカード サービスは決してゴールドに劣らす!!メリットと特徴

ニコス プレミオカードはここが違う!!特徴

・バースディポイント
・旅行保険が充実
・空港ラウンジ利用

ニコス プレミオカードのスペック・詳細早見表はこちら

バースディポイント

まず、nicos プレミオには、独特のポイントシステムがあります。

ースディポイントサービスというもので、会員の誕生月に特別ボーナスポイントを加算するというものです。

一年に一度、絶対避けられない誕生日で、一気にポイントを増やすチャンスです。


旅行保険とショッピング保険が充実

nicos プレミオにも、旅行保険が設定されています。

国内であろうと、国外であろうと、旅行時には、最高補償額として3,000万円が設定されます。

しかも、自動付与であり、まさかの時に非常に安心です。

また、ショッピング保険も、最高200万円まで補償されているので、こちらも、非常に安心感があります。


空港ラウンジ利用

空港ラウンジサービスも、nicos プレミオの特徴の一つです。

国内においては、主要28空港のラウンジが利用でき、しかも無料になっています。

海外においては、1空港のラウンジ無料サービスですが、これから拡大される可能性もあります。


色々なサービスの提供

nicos プレミオには、様々なサービスが提供されています。

カード盗難保険サービスは、字義通り、盗難時の保険サービスです。

また、カード紛失時のサポートデスクも設定されています。

さらに、家族会員制度も設けられ、他社のゴールドカードにあるような有料ではなく、無料で取得することが可能です。


審査は、柔軟?

nicos プレミオは、ヤングゴールドカードの一つと見なされています。

しかし、それは20代でも取得可能なゴールドカードの意味であり、他のヤングゴールドカードにあるような年齢制限がありません。

20歳以上で電話連絡が可能であれば、入会資格を得られます。

ただし、学生は不可なので、その点は注意が必要です。

ある意味、nicos プレミオは、本格的なゴールドカード利用前のプチ・ゴールドカードとも言えますが、プチに劣らない充実したサービスが付帯されていると言えるでしょう。

そうでありながら、決して敷居の高いゴールドカードではありません。

このページのトップに戻る

ニコス プレミオカード早見表


年会費 3,150円
利用限度額 最高100万円
審査基準 原則として20歳以上(学生不可)で電話連絡可能な方
最短発行日数 最短1営業日
旅行保険(国内) 最高3,000万円
旅行保険(海外) 最高3,000万円
マイル変換率 なし
空港ラウンジ 国内23空港
ショッピング補償 年間200万円 (購入日より90日間)
ポイント付与率 1000円につき1ポイント
ポイント還元率 1000ポイント→5000円分
ポイント有効期限 2年間
キャッシング金利 15.00%〜18.00%
家族会員 無料(2人目より1名につき1,050円)