トップへ > SBIゴールドカード > SBIゴールドカードは年会費が割安!!なのにサービスは充実!!詳細はこちら

SBIゴールドカードは年会費が割安!!なのにサービスは充実!!詳細はこちら

SBIゴールドカードはここが違う!!特徴

・マルチバンクが可能
ゴールドでも低価格の年会費
「本当」のゴールドカード

SBIゴールドカードのスペック・詳細早見表はこちら


画期的なマルチバンクシステム

ゴールドカードも含めた多くのクレジットカードでは、一枚のカードで一つの口座しか指定できません。

しかし、SBIゴールドにおいては、マルチバンクシステムを採用し、最大5つの銀行を指定できます。

しかも、希望銀行からの支払い、キャッシングの入金も行えるため、使い分けも可能になっています。


ゴールドでも年会費が安め

ゴールドカードの多くは年会費を取り、しかも、一般カードに比べて、高めに設定されています。

しかし、SBIゴールドでは、ほぼ一般カードと同等の年会費となっています。

税込5250円は、ゴールドカードの中では、破格の年会費と言えるでしょう。


デザインの材質から「リアル」ゴールドカード

ゴールドカードのデザインは、その名の通りゴールドが基調になっています。

もちろん、SBIゴールドもそのうちの一つですが、他にはない特徴があります。

それは、本物の純金を利用して作られているからです。

数パーセントの金を含ませることで、サービスのみでなく、カードそのものから、高級感を演出していると言えるでしょう。


ポイントプログラムとキャッシュバックも充実

SBIゴールドは、ポイントプログラムとキャッシュバックも充実しています。

ポイントプログラムは、1000円毎に10ポイントが付き、1000円で1ポイントしかないゴールドカードに比べたら、非常に割高感があります。

また、キャッシュバックも、5000円と10000ポイントで申請可能であり、1ポイント1円で計算されます。


旅行保険で安心

SBIゴールドカードにも、旅行保険が用意されています。

最高補償額5000万円であり、国内国外とも同額になっています。

病気やケガ等をしても、安心の保険と言えるでしょう。


審査は少し厳しめか?

SBIゴールドカードの審査は、少し厳しめかもしれません。

原則としては、学生を除く、20歳以上の成人で、安定した収入のある人です。

しかし、SBI独自の審査基準もあるため、少し厳しめと考えた方がいいでしょう。


SBIゴールドカード早見表


このページのトップに戻る
年会費 5,250円
利用限度額 50万〜100万円
審査基準 20歳以上で収入のある方(学生不可)
最短発行日数 27日
旅行保険(国内) 5,000万円
旅行保険(海外) 5,000万円
マイル変換率 なし
空港ラウンジ なし
ショッピング補償 年間30万円(税込)(免責=10,000円(税込)
ポイント付与率 1000円につき10ポイント
ポイント還元率 1.00%〜1.20%
ポイント有効期限 2年間
キャッシング金利 7.00%〜20.00%
家族会員 1人目は無料、
2枚目以降1枚2,100円